2017年10月14日土曜日

Mermaid Hunter.(深層海展3展示作品)




………………………………………………………………………………………………
いよいよ来週の10月21日(から土日限定グループ展

◆【深層海展Ⅲ~深海生物だって銭湯・温泉に入りたい!】
@高円寺みじんこ洞さんが開催されます。


★開催期間:平成29年10月21日(),22日(),28日(),29日(

各日13:00~19:00(18:00頃からライトダウンの予定)
★開催場所:みじんこ洞 屋根裏ギャラリーめばちこ
         (JR高円寺駅南口より徒歩約2分)

…………………………………………………………………………………………………………
今回は私の出展作品のご紹介を少々させて戴きます。

◆猫目は物語風味に仕立てた、
 鉛筆&水彩のイラスト5点を展示販売致します。
(結構気に入っているので、一部非売品にするかもです。)

下記はモノトーンバージョンです。
この雰囲気(色)も好きなんですよね。

カラーイラストバージョンは会場にてご笑覧いただければ幸いです。

画像は全てクリックすると拡大します~。
…………………………………………………………………………………………………………
【Mermaid Hunter/マーメイド・ハンター】


猫ねこ探検家エドワードは、朝日を浴びながら

ゆったりと珈琲を淹れ、新しく届いた書物たちに目を通しはじめた。

そして、とある深海生物図鑑のページに釘付けになった。

『この世にはまだこんなに美しい生き物がいるのか……!!』  


居ても立っても居られないなった彼は、遠く深い海の底に旅立った。





ようやく彼が探し当てたのは……。


おしまい。

……てな感じで物語風味に仕立ててあります。


アンデルセンさんの『人魚姫』、小川未明さんの『赤い蝋燭と人魚』……。

日本で有名な人魚がそろいもそろって薄幸の美少女なので、
ちょっぴり幸せになって欲しくて描きました。

お迎えに来たのは白馬に乗った王子様でも石油王でもなく、
世界一勇敢な猫ねこ探検家でしたとさ。
…………………………………………………………………………………………………………
儚げな美しいお嬢さんも好きですけれどね~。

【青空文庫/赤い蝋燭と人魚 より】
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。
 北方の海の色は、青うございました。ある時、岩の上に、女の人魚があがって、あたりの景色を眺めながら休んでいました。

赤い蝋燭と人魚(青空文庫/小川未明)
赤いろうそくと人魚(青空文庫/童話版)
…………………………………………………………………………………………………………
◆お気に召したら紙本でも是非。
下記とか、どれも挿絵や表紙絵が素敵ですよ~。 

赤い蝋燭と人魚(偕成社)

小川未明童話集 (新潮文庫) 

文豪怪談傑作選 小川未明集 幽霊船(ちくま文庫)  

=ΦwΦ=<ではまた。  

0 件のコメント:

コメントを投稿