2018年1月21日日曜日

草を枕に眠りたい。

こんばんは。猫目書房です。

立て続け更新してすみませんねぇ。

先日、ある方が

絵が描けたり、文章が書けたり、何か表現する才能がある人はいいなぁ。

と言って下さったのですが、

屈託なく笑顔を向けてくれる方とか、
じっくり話をきいてくれる方とか、
疲れた時にご飯やお茶を出してくれる方とか、

飲み会の時にさくっと割り勘計算してくださるのもすごい才能だと思いますです。

猫目はどれも出来ませんから……。

ありがてぇ。ありがてぇ。


画像はクリックすると拡大します~。



そんなわけでこちらの作品を思い出したのでリマインドさせて戴きます。

(初期の頃(7年前?)にもご紹介させて戴きましたが、
プリントアウトして財布に入れておきたいくらい好きな冒頭なので、
まぁ、いいじゃない……。)

--------------------------------------------------------------
草枕 (夏目漱石)
--------------------------------------------------------------

 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
 
 智(ち)に働けば角が立つ。
 情に棹(さお)させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
 
 
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
 
 
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
 やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
 
  
 ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
 あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
 人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 
 
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、
 寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
 ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降(くだ)る。
 
 
 あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、
人の心を豊かにするが故(ゆえ)に尊(たっ)とい。
 
 
 住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、
 ありがたい世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。
 あるは音楽と彫刻である。

 
 こまかに言えば写さないでもよい。
ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧く。

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
低気圧のせいか、気温差のせいか眠ネムです。

今宵は草を枕に眠りたいと思いますです。

みなさまも良い夢を~。

=ΦwΦ=<おやすみなさい~☆

0 件のコメント:

コメントを投稿